長湯温泉.COM ホームへ戻る
sp
お知らせ
sp
長湯温泉を知る
sp
泊まる
sp
お宿一覧
sp
N.S.T.A ナガユ・スポーツ・ルーリズム・アソシエーション (長期滞在・合宿)
sp
アクセス
sp
歌碑巡り
sp
リンク
sp
長湯温泉の疑問を解決!

 
 
 

長湯温泉の入浴剤を
販売しています。
 

長湯温泉の入浴剤

 朝日放送「たけしの健康エンターテイメント*みんなの家庭の医学」で長湯温泉が紹介されました!
大分県久住山系の東の麓に位置する世界屈指の炭酸エリアの長湯温泉。
前回、ご家庭でも長湯温泉にご旅行に出かけた時のことを思い出していただけるようにと直入町商工会と長湯温泉観光協会は、長湯温泉をイメージする入浴剤をつくりました。
もちろん前回開発して頂いたのは、テレビでも紹介されていた入浴剤メーカー「ツムラ ライフサイエンス」さんです。
番組の内容はコチラ
しかし、残念なことにテレビ番組放送終了後3カ月で完売。あまりの反響の大きさに「バスクリンさん」と共に共同企画し、2010年9月末に医薬部外品として生まれ変わった「大分 長湯・きき湯」として再び販売の運びとなりました。
 現在は長湯温泉限定品として作られたおりますので、長湯温泉に訪れた際は、各お宿やお店・商工会でお土産として購入することができます。
インターネットでは、長湯温泉.comよりお電話・メールにて注文を承っております。
※この入浴剤は、天然の湯の花ではありません。

入浴剤
大分 長湯・きき湯


1600
(30g×5袋入)

 

【効能】
腰痛、肩のこり、神経痛、リウマチ、うちみ、くじき、疲労回復、痔

【香り】
気分ほぐれるカボスの香り

【お湯の色】
青緑色の湯(透明タイプ)

【使用法】
お風呂のお湯(200L)に一袋30gの割合でツブ剤を入れて入浴してください。

【使用上の注意】
●皮膚又は体質的に異常がある場合は、医師にご相談の上ご使用下さい。●使用中や使用後、皮膚に発疹、発赤、かゆみ、刺激感等の異常が現れた場合、使用を中止し、医師にご相談ください。●本品は食べられません。万一大量に飲み込んだ場合は、水を飲ませるなどの処置をし、医師にご相談ください。●本品と他の入浴剤の併用はお避けください。●入浴以外の用途には使用しないでください。●本品には浴槽・風呂釜をいためるイオウは入っていません。●本品は温泉と同一というわけではありません。

【保管上の注意】
●乳児の手の届く所や直射日光のあたる場所、高温・多湿の所に置かないでください。

【残り湯についての注意】
●残り湯は洗濯に使用できますが、すすぎは清水で行ってください。ただし次の衣料には使用しないでください。着色する場合があります。@柔軟仕上げを強く掛けた衣料Aおろしたてや大切な衣料B大切な衣料などの洗濯Cつけおき●残り湯には無機塩が多く含まれていますので、鉢植えや大切な植物への水やりに使わないでください。

製造元/株式会社バスクリン
お客様窓口:0120-39-8496  http://www.bathclin.co.jp